NPO法人 日本健康住宅協会 トップページへ 地図・連絡先 入会案内 お問い合わせ サイトマップ
会長挨拶

会長 石井 正義
会長 石井 正義
(積水ハウス株式会社)
  この度、第29回総会におきまして、NPO法人日本健康住宅協会会長に就任させていただきました石井と申します。今後ともよろしくお願いいたします。

 今まで「すまい」では、安全安心に住まうこと、快適に住まうこと、そして環境面で社会に優しいこと、こういったことが主として大切にされてきました。その中で、超高齢化社会を迎えるにあたり、「健康面」に対する「すまい」の果たす役割や期待が、とても大きくなっていていることを実感しています。最近の研究開発面でも、工学・医学両面から「すまい」が人々の健康に大きな役割を果たすことが明らかになってきています。そして、この健康面での価値を広く社会に発信し推し進めることが、医療・介護費の削減等、社会課題の解決にも大きく貢献できることにつながっていくものと思います。

 この協会は1990年に「健康住宅推進協議会」として発足し、2000年にNPO法人「日本健康住宅協会」となりました。本協会がいち早くこのテーマの重要性に気づき、活動を始めていたことがお解りいただけると思います。
 住宅における「空気・温熱・音振動・光視」という基本的な4つの環境に、「防露・防虫・防カビ」の防ぎたい3つの項目を加え、7つの視点で、本協会は研究活動を展開しています。その内容もメンテナンスの在り方まで多岐に渡り、研究成果は住まい手の皆様に大変お役に立てるものと考えております。

健やかな住まい方 概念図

 創設29年を経て、「すまい」と健康の関係がより注目を浴び、期待される中で、他団体や学会、企業とも交流を深め、より魅力があり、社会に必要とされる活動ができるようすすめてまいりたいと考えています。

 今後とも、皆様方の一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。