NPO法人 日本健康住宅協会 トップページへ 地図・連絡先 入会案内 お問い合わせ サイトマップ
健康住宅ディレクターとは

 健康住宅ディレクターとは健康住宅アドバイザー検定セミナーの研修講師を担当出来る資格です。(資格取得後“研修講師業務委託制度”を協会と締結する必要があります)
 この資格取得には健康住宅アドバイザー資格を取得し交付されている方が健康住宅ディレクター養成コース(Start・up/Ann・advanceの2コース)を受講し、合格する必要があります。
 健康住宅ディレクター資格は健康住宅アドバイザーテキストの各章毎に講師が担当出来る様に構成されています。その受講科目は単数でも複数科目でも取得することが出来ます。

≪コース別セッション振り分け表≫

養成研修タイトル 固定セッション 選択セッション
Start・upコース 第1章健康住宅とは、第2章丈夫な住宅 3章〜10章の中から3章を選択
Ann・advanceコース 第11章ユニバーサルデザイン、第12章メンテナンス 上欄と同様で残りの5章より選択

※第3章結露しない住宅、第4章きれいな空気の住宅、 第5章腐朽・カビ発生のない住宅、
  第6章シロアリ・害虫のない住宅、第7章快適温湿度の住宅、第8章光・視環境配慮住宅、
  第9章音・振動の静かな住宅、第10章ライフラインが安心な住宅

     
 
●Q&A●よくあるご質問を集めました。
*目 次*
Q1: 健康住宅ディレクター養成コースの研修内容を教えて下さい。
Q2: 健康住宅ディレクター養成コースの受講料はいくらですか?
Q3: 健康住宅ディレクター養成コースの実施時期と受講時間を教えて下さい。
Q4: 資格の有効期限はありますか?
Q5: 資格更新時には、費用や研修受講が必要になりますか?
Q6: このコースはどんな人が受講されますか?
Q7: 健康住宅アドバイザー検定セミナー講師以外で資格取得のメリットは何ですか?
Q1:健康住宅ディレクター養成コースの研修内容を教えて下さい。
まずは講師役としての基本的な知識と考え方を学びます。それからディレクタースキルの習得と実践的なシナリオの作成に加え演習を重ねていきます。過去に講師役を経験されている方は勿論、未経験者の方にでも十分なる講師役としての自信を抱いて頂けるコースです。まずはStart・upコースを受講し、希望によりAnn・advanceコースを受講することが出来ます。
PAGE TOP

Q2:健康住宅ディレクター養成コースの受講料はいくらですか?
Start・upコース及びAnn・advanceコースのいずれも受講料は25,000円(会員20,000円)となります。これは各々コース受講料であり担当希望するセッション数での増減は発生しません。
実施カリキュラム(PDF)  Start・upコース ・ Ann・advanceコース
PAGE TOP

Q3:健康住宅ディレクター養成コースの実施時期と受講時間を教えて下さい。
現在は1年に1回程度(AM10〜PM6の8時間コース)大阪と東京で公開募集開催をしております。1回の定員は10名程度としておりますがインストラクション中心のコースとなるので小人数で開催しております。また、企業内や地域で人数が揃う場合には地域や企業内での実施をすることも可能です。
PAGE TOP

Q4:資格の有効期限はありますか?
健康住宅アドバイザー資格の交付(登録後3年毎更新)を受けている限り健康住宅ディレクター資格は有効です。健康住宅ディレクター資格取得時は健康住宅アドバイザー資格の直近の更新交付が有効期限となります。
PAGE TOP

Q5:資格更新時には、費用や研修受講が必要になりますか?
不要です。
PAGE TOP

Q6:このコースはどんな人が受講されますか?
自社に新たなコースを追加したいと考えているセミナー会社の方、自社に健康住宅アドバイザーを数多く作りたいと考えている教育担当者の方は勿論のことですが、今まで培った経験を活かしたいと思う個人経営者の方々などが多く受講されます。
PAGE TOP

Q7:健康住宅アドバイザー検定セミナー講師以外で資格取得のメリットは何ですか?
健康住宅アドバイザー検定セミナーを企画・運営出来る“研修運営事業提携制度”や会員企業内で資格者を養成する為の仕組みを設ける事が出来る“会員内資格者育成制度”も健康住宅ディレクター資格が無いと受託する事が出来ません。また、他にも習得した内容をアレンジすれば講師派遣/講演会プログラムなどの制度へも登録が可能です。
PAGE TOP


他にご質問のある方はこちらまで。 kjk-honbu@kjknpo.com